Beat Saber 正式版リリースに伴う変更点まとめ 旧バージョンは利用不可に

スポンサーリンク
スポンサーリンク

これまでアーリーアクセスとして配信されていたPC版のBeat Saber (ビートセイバー) ですが、2019年5月14日にデベロッパーのBeat Gamesから正式版リリース日が発表されました。

フルリリースに伴う変更点などをまとめて紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

正式版の配信日 (PC)

フルリリースのバージョン1.0.0は、2019年5月21日に配信される予定です。

正式版はOculus Questでもプレイ可能

2019年5月21日は、スタンドアロン型VRヘッドセット「Oculus Quest」の発売日でもあります。

Oculus Questにおいても、同日からBeat Saberの正式版をプレイできるようになります。

譜面作成用の公式エディターがリリース

正式版では、公式エディターによってオリジナルマップを制作&プレイできるようになります。

譜面の共有方法については今のところ不明ですが、音源を自分で用意する必要があるという点は確定しています。

 

ちなみに公式エディターは、2Dエディターです。非常に単純で、マッピング経験がなくても誰でも簡単に作れるとのこと。

既存の非公式3Dエディターも完成度が高いので、棲み分けを狙ったのかもしれませんね。

非公式の2Dエディターは開発終了しています。

非公式エディターによる譜面制作方法は以下の記事をご覧ください。

BeatSaber MOD曲の作り方と必要なソフト紹介【導入編】
ビートセイバー(Beat Saber)で追加曲を効率的に制作するには、エディターや音楽編集ソフトなどが必要不可欠です。MOD曲作成の大まかな流れと、制作時に必要なソフトウェアを紹介します。

追記:レベルエディターが利用できるのはPC版のみです。

スポンサーリンク

変更点

価格の変更

正式版リリース後は、Beat Saberの販売価格が改定されます。

5月20日までに購入すれば、早期アクセスの価格で入手可能です。

プラットフォームSteamOculus StorePSVR(PS4)
早期アクセス版の価格$19.99 (2050円)$19.99 (1990円)
正式版の価格$29.99$29.99$29.99 (3200円)
早期アクセス版を購入済みのユーザーは、正式版を買いなおす必要はありません。アップデート後もそのままプレイできます。

バージョンの統一

これまではプラットフォームによって(正確にはPC版とPS4版で)バージョンが異なっていましたが、5月21日の正式版リリース後は以下のバージョンが全て統一されます。

  • Steam版
  • Oculus Store版
  • PS VR版

旧バージョンが利用不可に

正式版の配信が発表された2019年5月14日の時点で、Betaプログラムへの参加が利用不可になりました。

バージョン0.12.2が削除されました。

2019/5/22追記:正式版(v1.0.0)用のModは、以下の記事にまとめてあります。

Beat Saber 正式版バージョン1.0.0用 MODまとめ
2019年5月21日にBeat Saberの正式版がリリースされ、アーリーアクセス期間が終了しました。 バージョンアップにより大半のプラグインは使えなくなりましたが、既に正式版対応のMODが多数公開・更新されており、まとめて導...

スポンサーリンク

今後の予定

正式版の配信後も、コンテンツの追加や機能の改善などは引き続き行われる予定です。

  • 無料トラック(楽曲)の追加
  • ミュージックパックの追加(Monstercat Music Pack)
  • UIや機能の改善・実装
  • etc…

とりあえず、今後はもう少しアップデート頻度が減るといいのですが……。

毎度Modが充実してきた頃にバージョンアップが実施されるので、ちょっと複雑なものがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Beat Saber
のしろぐ

コメント

  1. ななし より:

    PSvr版の正式版まだ…?

    • 管理人 より:

      PSVR版は最初から正式版としてリリースされています。

      アップデートは近いうちに実施されるようです。