Beat Saber アバターのガニ股や内股を修正する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

足の開き具合の調整

アバター作成ガイドを参考にBeat Saber(ビートセイバー)用のカスタムアバターを制作したものの……いざ動作確認してみると、キャラクターがしゃがんだ時に

  • がに股になってしまう
  • 内股になってしまう

直したいけど、色々設定を弄っても改善されない。

というお問い合わせをいただきました。

 

確かに、モデルによっては極端なガニ股や内股になってしまうケースがあります。

あと、今回の質問内容とはちょっと違いますが、移動時の足の開き具合(歩幅)が広すぎて気になることも多いです。

これらの問題の解決方法を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アバターのガニ股や内股を直す方法

VRIK

結論からいうと、VRIK(Final IK)の

  • 「Left Leg」の「Swivel Offset」
  • 「Right Leg」の「Swivel Offset」

を調整すればOKです。

 

ただ、Beat Saberのカスタムアバターにおいては、IK Managerの制御が優先されるようになっています。

つまり、直接VRIKを弄っても反映されません。

IKを細かく調整したいときは、IK Manager Advancedというコンポーネントが用意されているので、それを使いましょう。

 

Unityの再生モードで関節の動作を確認する際に、VRIKの設定を変更するのは問題ありません。重要なのは、最終的にはIK Managerのデフォルト値やIK Manager Advancedの設定が優先(上書き)される、という点です。

スポンサーリンク

修正作業の流れ

既にアバターが完成済みで、VRIK(Final IK)とIK Managerがアタッチされている状態

を想定して解説します。

 

おおまかな作業手順は以下の通りです。

【コンポーネントの設定】

  1. 「IK Manager」をデタッチする
  2. 「IK Manager Advanced」をアタッチする
  3. Targetオブジェクトを再設定する

【IK Manager Advancedの調整】

  1. 「IK Manager Advanced」の設定から、以下の値を変更する
    • 「Left Leg_swivel Offset」
    • 「Right Leg_swivel Offset」
  2. 再生モードで脚の角度を確認しながら調整する

 

IKの調整は以下の手順で行うと効率的です。

  1. 再生モードにしてからアバターを少し動かして、両脚を開かせる
  2. VRIKのLeft Leg(Right Leg) Swivel Offsetの値を変更し、脚の角度を調整する
  3. 最適な角度が見つかったら、再生モードを終了する
  4. IK Manager Advancedの〇〇Leg_swivel Offsetに、上で決めた数値を入力する

スポンサーリンク

コンポーネントの設定

IK Managerをデタッチ

IK Managerを外す

まずIK Managerを外します。

  1. ヒエラルキータブから、キャラクターのゲームオブジェクトを選択
  2. インスペクター内のIK Managerを右クリック⇒「Remove Component」でコンポーネントを削除

(チェックを外すだけでもOK)

 

IK Manager Advancedをアタッチ

IK Manager Advancedをアタッチする

IK Managerの代わりに、IK Manager Advancedをアタッチします。

  1. インスペクター内の「Add Component」をクリック
  2. 「Scripts」⇒「AvatarScriptPack」⇒「IK Manager Advanced」を選択

 

Targetオブジェクトの再設定

Targetオブジェクトを再設定する

IK Manager Advancedに各種Targetオブジェクトを設定します。

Hierarchyウィンドウのオブジェクト

  • HeadTarget
  • LeftHandTarget
  • RightHandTarget

を、それぞれ「IK Manager Advanced」の対応する部分にドラッグアンドドロップしてください。

(手順はIK Managerの設定と同様です)

IK Manager Advancedの調整

がに股の修正

がに股の修正

以下の変更によって、脚の角度を内側に回転させることができます。

  • 「Left Leg_swivel Offset」の値をプラス方向に調整する
  • 「Right Leg_swivel Offset」の値をマイナス方向に調整する

 

値が大きすぎると、極端な内股になってしまうので注意。

 

内股の修正

内股の修正

以下の変更によって、脚の角度を外側に回転させることができます。

  • 「Left Leg_swivel Offset」の値をマイナス方向に調整する
  • 「Right Leg_swivel Offset」の値をプラス方向に調整する

値が大きすぎると、極端なガニ股になってしまうので注意。

 

足の開き具合の調整(歩幅を狭める)

足の開き具合の調整

番外編ですが、これも調整したほうが良いケースが多々あります。

アバターが前後左右に移動したとき、どの程度足を開くか調整できます。要するに歩幅の設定です。

  • 歩幅を広げたい ⇒ 「Locomotion_weight」の値を大きくする
  • 歩幅を狭めたい ⇒ 「Locomotion_weight」の値を小さくする

ちなみに「Locomotion」の初期設定は最大値の1になっているので、歩幅を狭くしたいときに利用します。

値を小さくしすぎると、移動時の違和感が強くなるので注意。

 

再生モードで動きを確認しながら調整する際は、VRIKのLocomotion > Weightの値を変更します。最終的な値が決まったら、再生モードを終了してIK Manager AdvancedのLocomotion_weightを設定してください。

まとめ

Beat Saber アバターのガニ股や内股を修正する方法……でした。

IK Manager Advancedは他にも色々と関節の動きを調整できますが、とりあえず重要なポイントだけ紹介しました。

 

最後の「歩幅を狭める調整」は、足がスカートに貫通する(めり込む)のを防止する副次的な効果も得られます。

コライダーを設定しても完全に防ぐのが難しい、ロングスカートのキャラクターは特に効果的です。

初期設定のままだと、ちょっと足開きすぎですからね。少し狭めるだけでも、自然な感じになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Unity
のしろぐ

コメント