Beat Saber アバター制作 トラブルシューティング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Beat Saber(ビートセイバー)

Beat Saberのカスタムアバター制作におけるトラブルシューティングです。

お問い合わせの多い、よくある質問をこちらにまとめています。

重要なお知らせ

ModSaberは2019年4月4日に閉鎖されました。

それに伴い、Mod ManagerやModSaber installerも機能しなくなりました。今後、別のサービスが出来るまでは全て手動で導入する必要があります。

閉鎖直前までのModSaberのダウンロードリンクは、以下の記事にまとめております。

Beat Saber バージョン0.13.1用 MODまとめ

 

追記:ModSaberに代わるサイト「BeatMods」がオープンし、新しいプラットフォームのMod Manager (BeatMods版)がリリースされました!

Mod Managerの導入方法はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

gameObject is missingと表示されてエクスポートできない

オブジェクト名が少しでも間違っていると、「〇〇〇〇 gameObject is missing」というエラーが表示されて、アバターのエクスポートボタンがロックされます。

  • Head
  • Body
  • LeftHand
  • RightHand

これらのオブジェクト名が正しく設定されているか確認してください。

小文字・大文字の違いも含めて、すべて一致していなければなりません。

次のような場合も同様のエラーが発生します。

  • オブジェクトが存在しない
  • 正しい場所にオブジェクトが作成されていない(アバターの子オブジェクトとして作成されていない等)

スポンサーリンク

アバターの頭や腕の位置・角度がおかしい

  • カメラやセイバーの位置が悪い
  • プレイヤーのトラッキングとモデルの位置にズレがある
  • 手首の角度がプレイヤーとリンクしない
  • 関節の動きが荒ぶる

などの場合は、IK用に作成したオブジェクトを再調整します。

 

「Head、LeftHand、RightHand」の座標を変更する際は、一度「〇〇Target」を削除してからオブジェクトを編集してください。

 

例:LeftHandの位置を修正したい

LeftHandTargetを削除してからLeftHandの座標を変更し、その後LeftHandTargetを再度割り当てる必要があります。

片方(親オブジェクト)を動かすと、もう片方(子オブジェクト)も連動して座標が変わってしまうためです。

 

具体的な手順としては、以下のように作業をやり直します。

  1. 一旦「LeftHandTarget」を削除
  2. 「LeftHand」の位置を調整
  3. 再度「LeftHandTarget」を作成
  4. 「LeftHandTarget」を「LefHand」にドラッグアンドドロップ
  5. 「IK Manager」コンポーネントの設定

スポンサーリンク

テクスチャが正常に表示されない

モデルの表示がおかしいときは、マテリアルの設定が適切でない可能性があります。

シェーダーを変更したり、設定を色々と変えてみてください。

Beat Saber用のシェーダーが選べない

BeatSaber/Unlit Glowなどのシェーダーは、AvatarsUnityProjectに同梱されています。

Projectウィンドウから「Assets」→「Shaders」と開き、「sh_custom_unlit.shader」などのファイルが入っているか確認してください。

しゃがむとガニ股・内股になる

VRIKを調整する必要があります。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

Beat Saber アバターのガニ股や内股を修正する方法
アバター作成ガイドを参考にBeat Saber(ビートセイバー)用のカスタムアバターを制作したものの……いざ動作確認してみると、キャラクターがしゃがんだ時に がに股になってしまう 内股になってしまう 直したいけ...

服や髪が揺れない

アバターの服や髪などを揺らすためには、ダイナミックボーンを設定する必要があります。

アバターの髪や服を揺らす方法 DynamicBoneとSpringBoneの違い
DynamicBoneとSpringBoneはそれぞれ特性が異なり、揺れ方に違いがあります。Beat SaberやVRChatで使用するアバターの髪や胸、スカートなどを揺らす方法と、スクリプトの設定を解説します。

動くと足が服を貫通する

コライダーを設定してください。

コライダーを使ってアバターの髪や服が身体にめり込むのを防ぐ
ダイナミックボーンでアバターを部分的に揺らすと、髪や服が身体にめり込んでしまう。これを防ぎたいときは、Dynamic Bone Collider(以下コライダー)を利用します。 コライダーは衝突判定を設定するコンポーネントです...

歩幅を狭めるのも効果的です。ロングスカートや袴などの場合、コライダーだけでめりこみを防ぐのは困難なので、両方の設定を駆使して対処します。

歩幅を狭めたい

アバターの歩幅はVRIKの「Locomotion_weight」から調整可能です。

以下の記事の下の方に、歩幅の調整方法も記載しています。

Beat Saber アバターのガニ股や内股を修正する方法
アバター作成ガイドを参考にBeat Saber(ビートセイバー)用のカスタムアバターを制作したものの……いざ動作確認してみると、キャラクターがしゃがんだ時に がに股になってしまう 内股になってしまう 直したいけ...

常にアバターの膝が曲がってしまう

アバターのサイズが大きすぎる可能性があります。

自分の身長にあわせて設定したのに、いざゲーム内で動作確認すると高さが微妙にあわない……ということは多々あります。

モデルのサイズを小さくするか、Headオブジェクトの高さを目より低い位置に下げてください。

なるべく前者の方法で調整するのがベストです。

腕を左右に伸ばしてもTポーズにならない

頭部が大きいモデルや、頭身の低いキャラクターだと、肩の高さがリアルと大幅にズレる場合があります。

アバターのサイズを大きくして、Headの位置を下げる等の調整で改善します。

セイバーが手から離れてしまう

これは仕様です。

セイバー(コントローラー)の座標にアバターが追従できなくなったときは、破綻が生じないように手からセイバーが離れます。

現実と3Dモデルの腕の長さが異なるほど、腕を伸ばしたときにセイバーが手から離れやすくなります。

リアルの自分の動きをアバターの体型にあわせるのが一番の対処法です。

配布されているアバターの身長等を調整したい

avatarファイルはインポートできないため、配布されているアバターを再編集することはできません。

同じモデルを使って、一から作成する必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Beat Saber MOD
のしろぐ

コメント