Beat Saber MOD全般 トラブルシューティング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Beat Saber(ビートセイバー)

Beat Saber(ビートセイバー) Mod全般のトラブルシューティングです。

  • Modがうまく導入できない
  • 導入後にゲームが起動しなくなった
  • 特定のプラグインが正常に動作しない

などのトラブルの対処法を掲載しています。

お問い合わせの多い、よくある質問もこちらにまとめています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MODを導入したのに曲が追加されない

落ち着いて最初から導入をやり直してみてください。

様々な原因が考えられますが、正しい手順で導入できていないことが多いです。

以下の事項を今一度ご確認ください。

  • Modを導入する前に、一度ゲームを起動しましたか
  • 依存(前提)Modは、すべて導入済みですか
  • ファイルのコピー先を間違えていませんか
  • インストールフォルダに古いModや不要なファイルが残っていませんか
  • Mod ManagerやMod Assistantによる導入は試されましたか

スポンサーリンク

アップデート後にModを更新したけど動かない

大規模なアップデート後は、Modを更新してもカスタム曲が追加されなかったり、ゲームの挙動がおかしくなったりすることがあります。

一度ゲーム本体をアンインストールし、当該フォルダを完全に削除してから、再インストール+Modの導入を試みてください。

※事前にバックアップをお忘れなく

スポンサーリンク

ゲームが起動しない

具体的な症例:BSIPA導入後、ゲームが一切起動できなくなる。エラーログなどは表示されない。旧IPAの場合は起動可能。

PCのユーザ名やフォルダ名に日本語が含まれていないかご確認ください。

ファイルのパスに「半角英数字と一部の記号」以外の文字が使われていると、様々な問題が発生する可能性が高くなります。

ゲーム起動時に強制終了してしまう

具体的な症例:BSIPA導入後にゲームを起動すると即座にクラッシュし、「Fatal error in GC」「GetThreadContext failed」などのエラーメッセージが表示される。

セキュリティソフトや、アンチチートシステムが搭載されている一部のソフトウェア(USEA、FaceItなど)が原因で、BSIPAが正常に機能していない可能性があります。

ESET Smart Securityがインストールされていると発生しやすい模様。ESETはUnityと相性悪いですね。ウイルス対策ソフトの誤検知は、除外(例外)設定で対策してください。

アンチチートツールが原因になっている場合は、これらのソフトウェアをアンインストールし、PC再起動後にBeat Saberをクリーンインストールしてください。

CameraPlusが動作しない

具体的な症例:起動直後のWARNING画面では一人称/三人称の切り替えや、新規カメラ(マルチビュー)の作成が可能。しかし、[CONTINUE]を押すと強制的に一人称視点に切り替わり、マルチビューなどの機能も使えなくなる。

ゲーム本体のSmooth Cameraが有効になっていると、Camera+の機能が正常に動作しなくなります。

次のいずれかの方法で、本体のSmooth Camera機能を無効にしてください。

  • ゲーム内の[SETTINGS]メニューからSmooth CameraをOFFにする
  • settings.cfgファイルを開き、”smoothCameraEnabled”:1を”smoothCameraEnabled”:0に書き換える

settings.cfgは以下のフォルダに保存されています。(規定値)

C:\ユーザー\”ユーザー名”\AppData\LocalLow\Hyperbolic Magnetism\Beat Saber

ゲーム画面を右クリックしても何も起きない

正式版対応のCameraPlus(v3.4.1以降)は、右クリックメニューが使えなくなりました。そのうち復活すると思いますが、現時点(2019/5/24)では設定の変更は手動で行う必要があります。

ちょっと内容が古くなっていますが、基本的な設定方法は以下の記事を参照してください。

ビートセイバー カメラを三人称視点にしたりFOVを変更できるMOD CameraPlusの導入方法
Beat Saber(ビートセイバー)のMOD「CameraPlus」は、デスクトップ画面のカメラを三人称視点にしたり、FOVを変更したりすることができるプラグインです。他にもカメラの位置・アングル・追従速度を変えたり、アンチエイリアスやレンダースケールといったグラフィック設定も行えます。

マルチビューを追加したい場合は、UserData\CameraPlusフォルダにcustomcamera1.cfgなどを作成してください。またはこちらのファイルをダウンロードして、CameraPlusフォルダに入れてください。

壁を透明化したい場合は、設定ファイルを開いて「transparentWalls=False」の部分をFalseからTrueに書き換えてください。

MultiViewはもう使えないの?

MultiViewの使い方

同様の機能が最新のCamera Plusに実装されました。

マルチビュー(ワイプ)を表示したい場合は、以下の方法で設定してください。

Camera+のカスタムカメラ設定方法

以下の手順でカスタムカメラ(マルチビュー)を作成します。

  1. デスクトップのゲーム画面を右クリック
  2. Add New Cameraを選択

表示位置やサイズを変更したいときは、以下のいずれかの方法で設定します。

  • 追加したカメラを左ドラッグでポジション変更、枠を左ドラッグでサイズ変更
  • 追加したカメラにカーソルをあわせた状態で右クリックして、Layoutから編集
  • customcamera1.cfgをメモ帳などで開き、座標をそれぞれ指定する

customcamera1.cfgは、以下のフォルダに保存されます。

Steamの場合:~\steamapps\common\Beat Saber\UserData\CameraPlus
Oculus Homeの場合: ~\Oculus Apps\Software\hyperbolic-magnetism-beat-saber\UserData\CameraPlus

カメラを複数追加すると、それぞれcfgファイルが作成されます。名前はcustomcamera2.3.4…といった感じになります。

Transparent Wallはもう使えないの?

Transparent Wall

こちらも同様の機能が最新のCamera Plusに実装されました。

壁を透過させたい場合は、以下の方法で設定してください。

メインカメラのTransparent Wall設定

どちらかの方法で設定を変更します。

  • デスクトップのゲーム画面を右クリックし、Transparent Wallを選択
  • cameraplus.cfgをメモ帳などで開き、transparentWalls=FalseをtransparentWalls=Trueに書き換えて保存

cameraplus.cfgは、以下のフォルダに保存されます。

Steamの場合:~\steamapps\common\Beat Saber\UserData\CameraPlus
Oculus Homeの場合: ~\Oculus Apps\Software\hyperbolic-magnetism-beat-saber\UserData\CameraPlus

追加したカメラ(マルチビュー)のTransparent Wall設定

どちらかの方法で設定を変更します。

  • デスクトップのゲーム画面で、マルチビューを右クリックしてTransparent Wallを選択
  • customcamera1.cfgをメモ帳などで開き、transparentWalls=FalseをtransparentWalls=Trueに書き換えて保存

カメラを複数追加すると、それぞれcfgファイルが作成されます。名前はcustomcamera2.3.4…といった感じになります。

編集用のcfgファイルは、cameraplus.cfgと同じフォルダに保存されています。

Debris Removerはもう使えないの?

Debris Remover

Beat Saber本体に同様の機能が実装されました。

ノーツの破片を非表示にしたいときは、以下の手順で設定してください。

  1. GAMEPLAY SETUP(左のボード)から「Player Settings」を選択
  2. 「Reduce Debris」にチェックを入れる

譜面はどこにアップロードすればいいの?

作成した譜面は、Beat Saverにアップロードしてください。

事前にアカウントの作成が必要です。ログイン後は、画面右上のUploadからアップロードページに移動してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Beat Saber MOD
のしろぐ

コメント