Beat Saber MODの入れ方と導入手順【初心者向け解説】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MODの入れ方と導入手順

PCゲーム初心者でもわかるように、Beat Saber(ビートセイバー)のMODの入れ方と導入手順を2つのパターンに分けて紹介します。

海外のゲームなので日本語の情報が少なく、「なんとなく難しそう」とか「やり方がわからない」という理由で未導入の人もいると思いますが、この記事を読めばほとんどのMODは簡単に導入できるようになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MODとは

はじめに、MODについて簡潔に説明しておきます。

MODとはModificationの略で、基本的にはPCゲームにおける改造データのことを指します。

ゲームの改造というと「チート」を思い浮かべる人も多いと思いますが、それとはかなりニュアンスが異なります。

 

厳密な定義はありませんが、原則としてMODはまわりの人に迷惑をかけるようなことはしません。

『みんながゲームをより楽しめるようにする』

そのための改造です。

 

作品によっては、MOD制作を支援する公式サポートツールを開発会社が公開している場合もあります。

最近だと、あのスクウェア・エニックスがPC版「FF15」のMOD管理ツールを公開したことで話題になりました。昔では考えられなかったことですね。

スポンサーリンク

ビートセイバーにおけるMODの仕組み

一般的なゲームでよくみられるMODの導入方法は、以下の2つに分類できます。

  • ゲームデータを直接改造、またはファイルを上書きする
  • ユーザーが作ったプログラムを読み込めるようにして、ゲームデータ本体を弄らずに改造可能にする

ビートセイバーでは後者の方法が用いられます。

そこで登場するのが「IPA」です。

 

IPAとは

IPAは、簡単にいうとゲームにMODを読み込ませるためのツールです。

ビートセイバーのゲームデータにパッチを当てることで、ユーザーの制作したプラグインを動作させられるようになります。

すべてのプラグインを動かすための前提となるので、必ず最初に導入する必要があります。

スポンサーリンク

まとめてMODを入れる方法

Beat Saber Mod Manager

もっとも簡単な方法です。

ビートセイバーは既に多数のMODがリリースされていますが、複数のプラグインをひとまとめにした「MODマネージャー」というインストーラーが存在します。

これを利用すれば、IPAを含む複数のMODをワンクリックで導入できます。

 

Beat Saber Mod Installer

ダウンロードは下記リンクからどうぞ。

Mod Installer ダウンロードページ

英語のページですが、GitHubというプログラマー御用達の安全なサイトなのでご安心を。

 

一番上にある最新バージョンの「BeatSaberModManager.exe」をダウンロードしてください。

実行ファイルなので警告メッセージが表示されるかもしれませんが、そのまま保存して大丈夫です。セキュリティソフトに弾かれる場合は、一時的に無効にするなどの方法で対処してください。

 

Mod Managerの詳細は以下の記事をご覧ください。

Beat Saber プラグインをまとめて導入できるインストーラー Mod Manager
Beat Saber(ビートセイバー)の便利ツール「Beat Saber Mod Manager」を紹介します。 Mod Managerは、プラグインをまとめて導入できるインストーラーです。IPAのパッチを当てる作業も自動で行...

 

個別にMODを入れていく方法

ModManagerを使わない場合は、MODを個別に導入します。

はじめてビートセイバーのMODを入れる人には、こちらの方法をオススメします。

 

少々面倒ですが、以下のようなメリットがあります。

  • プラグイン導入の流れが把握できる
  • それぞれのMODの仕様を理解しやすい(ファイル構成や設定など)

導入後に設定が必要なプラグインも多いので、最初は個別にインストールしたほうが良いです。

 

IPAの導入手順

まずIPAが同梱されている「SongLoaderPlugin」を導入します。

SongLoaderPlugin ダウンロードページ

 

導入手順は、ざっくり説明すると以下のような流れになります。

  1. SongLoaderPluginをダウンロード
  2. ダウンロードしたファイルを解凍して、中身をビートセイバーのインストールフォルダにコピー

 

ここからIPAの導入です。

  1. 「Beat Saber.exe」「IPA.exe」にドラッグアンドドロップ
  2. 自動でコマンドプロンプトが起動して、パッチが適用される
  3. 「Beat Saber (Patch & Launch)」というショートカットが作成される

 

詳しくは以下の記事をご覧ください。

ビートセイバーにMODを導入して、曲を追加する方法
「SongLoaderPlugin」は、ビートセイバー(Beat Saber)で各種MODを利用するためのベースとなる必須ツールです。導入後にプラグインやカスタムソングデータを入れることで、様々な機能を追加・拡張したり、曲を増やすことができます。

 

ちなみに、SongLoaderPluginは曲を追加するためのMODです。

上記手順でプラグインを動かす準備はできたので、あとは「CustomSongs」フォルダに曲データ(音源、譜面など)を入れればカスタム曲をプレイ可能になります。

 

ユーザー制作のカスタム曲はBEAT SAVERというサイトにアップロードされています。

曲のダウンロードや管理は、BeatDropというソフトを使うと非常に便利です。

Beat Saberのオススメ曲を共有できるソフト「BeatDrop」が便利すぎる
音ゲーと譜面のクオリティは、切っても切り離せない関係です。 Beat Saber(ビートセイバー)をプレイしていて、こんな風に思ったことはありませんか? みんなのオススメ曲や譜面を知りたい 高品質な譜面をプレイ...

 

プラグインの導入手順

IPAの導入さえ終わってしまえば、各種プラグインの導入は簡単です。

基本的には、*.dllファイルを「Plugins」フォルダに入れるだけで動作します。(例外もありますが)

導入後の設定について

プラグイン導入後にゲームを起動すると、Beat Saberのインストールフォルダにコンフィグファイルやテキストファイルが作成されることがあります。

具体的には「*.cfg」や「*.txt」、同階層の「UserData」フォルダ内に作成される「modprefs.ini」など。

これらのファイルは、MODの設定を記録したり、変更したりするためのものです。

 

たとえばカメラプラスというMODなら「cameraplus.cfg」をメモ帳などのテキストエディタで開いて、各項目の値を書き換えて設定を調整します。

 

アバター、セイバー、プラットフォームなどの導入手順

個別に3DCGモデルデータが必要になるMODは、プラグイン+モデルのファイルを導入します。

上記手順でプラグインを導入したら、

  • *.avatar
  • *.saber
  • *.plat

などのファイルを対応するフォルダに入れてください。

 

カスタムアバターなら、「*.avatar」ファイルをビートセイバーインストールフォルダの「CustomAvatars」にコピーすればOKです。

フォルダがない場合は新規作成します。(カスタムセイバーなら「CustomSabers」フォルダ、カスタムプラットフォームなら「CustomPlatforms」フォルダを作成)

 

まとめ

MODの入れ方と導入手順_02

MODの入れ方と導入手順を、

  • ModManagerを利用する方法
  • 手動で導入する方法

の2パターンに分けて解説しました。

MODの種類や、各種プラグインの機能を知りたい方は以下の記事をご覧ください。

Beat Saber MODまとめ【ツール・プラグイン】
Beat Saber(ビートセイバー)のMODまとめです。 おすすめのツールやプラグインを、用途別に分類して紹介します。 ダウンロード時の注意点 ダウンロードリンクはなるべくMobSaberとGitHubの両方を載...

 

当サイトでは、アバターや譜面の作成方法も解説しています。

自分で色々作れるようになると、更に何倍もビートセイバーを楽しめますよ!

ビートセイバー アバターの作り方 【初心者向け作成ガイド】
好きな3Dキャラクターモデルをビートセイバー(Beat Saber)のアバターとして使いたい!という人のために、BlenderやUnityを用いて自分でアバターを作成する方法を紹介します。マテリアルやIKの設定など、初心者が戸惑いやすいポイントも細かく解説していきます。
BeatSaber MOD曲の作り方と必要なソフト紹介【導入編】
ビートセイバー(Beat Saber)で追加曲を効率的に制作するには、エディターや音楽編集ソフトなどが必要不可欠です。MOD曲作成の大まかな流れと、制作時に必要なソフトウェアを紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Beat Saber MOD
のしろぐ

コメント