Beat Saber 障害物の壁が透明になるMOD Transparent Wall

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Transparent Wall

Beat Saber(ビートセイバー)のカメラ関連MOD「Transparent Wall」を紹介します。

このプラグインを使うと、障害物の壁がフレーム以外透明になります。壁のせいでカメラの視界が塞がれて、アバターやノーツが見えない……といった状況を回避することができます。

※ウォールの当たり判定は変わりません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Transparent Wallのダウンロード

Transparent Wallのダウンロード

GitHubで公開されています。

記事執筆時の最新版はv0.1.1です。

ダウンロードページを見る

スポンサーリンク

Transparent Wallの導入方法

ダウンロードしたdllファイルを、Beat Saber インストール先の「Plugins」フォルダに入れてください。


コピー元

  • TransparentWall.dll

コピー先

  • 「Plugins」フォルダ
Steamの場合:~\steamapps\common\Beat Saber\Plugins
Oculus Homeの場合: ~\Oculus Apps\Software\hyperbolic-magnetism-beat-saber\Plugins

スポンサーリンク

Transparent Wallの設定

プラグイン導入後にゲームを起動すると、「UserData」フォルダのmodprefs.iniにTransparent Wallの項目が追加されます。

初期設定

[TransparentWall]
TransparentWall=1
HMD=1
CameraPlus=1
MutiViewFirstPerson=1
DynamicCamera=1
LIVCamera=1

各項目の機能

  • TransparentWall:プラグイン全体の機能をON/OFF切り替えます
  • HMD:HMD画面でも壁を透明させるか
  • CameraPlus:CameraPlus使用時のON/OFF切り替え
  • MutiViewFirstPerson:MultiView使用時のON/OFF切り替え
  • DynamicCamera:DynamicCamera使用時のON/OFF切り替え
  • LIVCamera:LIVCamera使用時のON/OFF切り替え

HMD

HMD=1にすると、HMD画面の壁も透明になります。0だと無効です。

この機能は「NO FAIL」モード以外では強制的に無効になります。

その他の項目について

CameraPlus、MutiViewFirstPerson、DynamicCamera、LIVCameraの4項目は、それぞれプラグインごとにTransparent Wallの機能をON/OFF切り替えるための設定です。

ただ、MutiViewFirstPersonは0にしてもマルチビュー画面の壁が透明になったままでした。一部の設定は機能していないかもしれません。

まとめ

Transparent Wall 2

障害物の壁が透明になるプラグイン「Transparent Wall」の紹介でした。

現在のBeat Saberでカメラのウォール対策をするなら、このMOD以外に選択肢はありません。(※1)

CameraPlusを使う場合は、一緒に導入することをオススメします。

 

(※1)カメラが壁を自動で回避してくれる「Dynamic Camera」という似た用途のプラグインもありましたが、残念ながら更新されておらず本体アップデートにより使えなくなりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Beat Saber MOD
のしろぐ

コメント