Beat Saber シンプルな見た目のオーバーレイ表示用MOD Song Status

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Song Status

Beat Saber(ビートセイバー)のシンプルなオーバーレイ表示用MOD「Song Status」を紹介します。

プラグインを導入すると、プレイ中の曲情報がテキストファイル(.txt)に出力されます。これをOBSなどで読み込むことで、オーバーレイ表示が可能になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Song Statusのダウンロード

Song Statusのダウンロード

GitHubで公開されています。

記事執筆時の最新版は1.3.1です。

ダウンロードページを見る

スポンサーリンク

Song Statusの導入

前提

プラグインを動作させるためにはIPAが必要です。

導入方法

ダウンロードしたdllファイルを、Beat Saber インストール先の「Plugins」フォルダにコピーします。


コピー元

  • SongStatus.dll

コピー先

  • 「Plugins」フォルダ
Steamの場合:~\steamapps\common\Beat Saber\Plugins
Oculus Homeの場合: ~\Oculus Apps\Software\hyperbolic-magnetism-beat-saber\Plugins

スポンサーリンク

Song Statusの使い方

プラグイン導入後にゲームを起動すると、Beat Saberインストールフォルダに「status.txt」と「statusTemplate.txt」が作成されます。

  • status.txt:現在の曲情報がリアルタイムで出力されるファイル
  • statusTemplate.txt:出力用のテンプレートファイル

status.txtは、statusTemplate.txtの設定に基づいて出力されます。

表示項目や配置・順番を変更したい場合は、statusTemplate.txtを編集してください。

 

初期設定は以下のようになっています。

path=status.txt
Playing: {songName} {songSubName} - {authorName}
{gamemode} | {difficulty} | BPM: {beatsPerMinute}
This line will only appear when there is a sub name: {songSubName}
{[isNoFail]} {[isMirrored]}

オーバーレイ表示の設定

OBS Studioでオーバーレイ表示する方法を簡単に解説します。

OBSのインストールはこちらからどうぞ。

ソースを追加

テキスト(GDI+)のソースを追加

OBSを起動したら、ソースに「テキスト(GDI+)」を追加します。

新規作成 → 適当な名前(Song Statusなど)を入力して、OKを押してください。

取り込むテキストファイルを指定する

テキストファイルを指定

プロパティウィンドウが開いたら「□ファイルからの読み取り」にチェックを入れて、参照するテキストファイル(UTF-8)を選択します。

参照を押して、Beat Saberインストールフォルダの「status.txt」を開いてください。

表示領域の範囲を設定する

表示領域の範囲を設定

次に、下の方にある「□テキスト領域の範囲を指定する」にチェックを入れて、表示領域を設定します。

ゲーム画面と同じサイズに設定してください。(1080pなら、幅1920・高さ1080を指定します)

細かなカスタマイズ

フォントの種類や色、不透明度、表示位置などをお好みで調整してください。

最後にOKを押せば、設定は完了です。ゲームを起動してプレイを開始すれば、画面上に曲情報のオーバーレイが表示されます。

ソースの順序がBeat Saberより下になっている場合は表示されません。ドラッグまたは上下矢印を押してSong Statusの優先順序を上げてください。

まとめ

Song Status_02

Beat Saber シンプルなオーバーレイ表示用MOD「Song Status」の紹介でした。

曲名を表示したいだけなら機能的には十分ですが、見た目がちょっと寂しいのが欠点です。

  • もっと見栄えを良くしたい
  • スコアやコンボの情報も表示したい

という場合は、HTTP Statusの利用をオススメします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Beat Saber MOD
のしろぐ

コメント