ビートセイバーにMODを導入して、曲を追加する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Beat Saber(ビートセイバー)はMODを導入することで、ゲームに曲を追加できるようになります。

遊べる曲(譜面)は2018年10月時点で5000曲以上あり、現在進行形で増え続けています。

この記事では、曲を追加するMOD「SongLoaderPlugin」の導入方法と、アップロードされている曲をゲームに実装する手順を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Beat Saberに曲を追加する方法

曲を追加するためには、「Song Loader Plugin」というMODを導入する必要があります。

Song Loader Pluginには、以下のものが同梱されています。

  • 曲を追加するためのプラグイン
  • 各種プラグインを動作させるツール(IPA)

IPAは、全てのプラグインを利用する際に必須となるツールです。

 

これらを導入してから、カスタムソングのファイルを特定のフォルダに入れることで、ゲーム内に追加曲が実装されます。

スポンサーリンク

Song Loader Pluginのダウンロード

SongLoaderPluginをダウンロード

GitHubから最新版をダウンロードしてください。

2018年10月時点の最新バージョンは「SongLoaderPlugin.v4.3.2.zip」です。

ダウンロードページを見る

スポンサーリンク

Song Loader Pluginの導入方法

※導入前にゲームデータのバックアップを取っておくことを推奨します。トラブル発生時のリカバリーが容易になります。

もともと容量の少ないゲームなので再インストールに時間はかかりませんが、問題が発生した際にバニラ(MODによる改造等を行っていない状態)と比較することで原因が特定しやすくなります。

ビートセイバーのインストールフォルダを丸ごとコピーしておけばOKです。

※導入作業はビートセイバーが起動していない状態で行ってください。
プラグインとIPAの導入を行います。

Song Loader PluginをBeat Saberインストールフォルダにコピー

ダウンロードしたファイルを解凍したら、以下のフォルダとファイルをビートセイバー本体のインストールフォルダにコピーします。

  • 「CustomSongs」フォルダ
  • 「IPA」フォルダ
  • 「Plugins」フォルダ
  • IPA.exe
  • Mono.Cecil.dll

 

ビートセイバーのインストールフォルダは以下の場所にあります。

Steamの場合: ~\steam\steamapps\common\Beat Saber\
Oculus Homeの場合: ~\Oculus Apps\Software\hyperbolic-magnetism-beat-saber\

 

「IPA.exe」に「Beat Saber.exe」をドラッグ&ドロップ

コピーが完了したら「IPA.exe」「Beat Saber.exe」をドラッグ&ドロップします。

「IPA」フォルダではなく、実行ファイルのIPA.exeにドラッグしてください。(お使いのPCでファイルの拡張子を表示しない設定にしてある場合、.exeの部分は表示されません)

 

コマンドプロンプトが起動

コマンドプロンプトが起動し、自動でプログラムが走ります。

(これにより\Beat Saber_Data\Managed\内のAssembly-Csharp.dllにパッチが適用され、\IPA\Data\Managed\に入っているファイルが\Beat Saber_Data\Managed\へコピーされます。よくわからなくてもOKです)

 

Beat Saber (Patch & Launch)

コマンドプロンプトが終了し、インストールフォルダ内に「Beat Saber (Patch & Launch)」という名前のショートカットが作成されたら導入完了です。

 

上手く導入できているか、ゲームを起動して確認してみましょう。

v4.3.2のSongLoaderPluginには、「One More Time」という曲が同梱されています。

選曲画面の一番下に「One More Time」が追加されていればOKです。

カスタム曲を導入する

BEAT SAVER

ユーザーの作成したカスタム曲(譜面)のファイルは、「BEAT SAVER(ビートサーバー)」というサイトにアップロードされています。

下記のリンクからbeatsaver.comにアクセスしてください。

BEAT SAVER

 

[Download File]をクリックすると、oggファイル(曲本体)やjsonファイル(譜面やエフェクトの情報)等の入った圧縮データをダウンロードできます。

 

カスタムソングデータを「CustomSongs」フォルダに入れる

ダウンロードしたzipファイルを解凍して、先ほどコピーした「CustomSongs」フォルダに入れてください。

以上で曲の導入は完了です。

導入時の注意点

zipファイルのまま放り込んでも一応動作しますが、他のMODを入れた際に表示がおかしくなる場合があります。(選曲画面でサムネイルが表示されなくなる等)

また、導入推奨度の高いプラグインSongBrowserPluginでプレイリストを作成する際に、zipファイルだとBeatDrop(Beat Saber用のiTunesのようなもの)が認識してくれません。

あとで後悔しないためにも、解凍後のフォルダを入れることをオススメします。

※曲名のフォルダではなく、解凍直後の数字のフォルダ(6785-6510など)を導入してください。

直接整理する場合は曲名の方がわかりやすいのですが、BeatDropで利用するためにはフォルダ名が数字のIDになっている必要があります。

SongLoaderPlugin更新時の注意点

SongLoaderPluginの新しいバージョンがリリースされたときに、古いバージョンのIPAをアンインストールせず、上書きで導入するとMODが動作しなくなることがあります。

(例:ゲーム本体のアップデートが行われて、以前のバージョンのIPAが使えなくなった場合など)

SongLoaderPluginの更新時には、以下の手順で古いバージョンのIPAをアンインストールしてから作業することをオススメします。

アンインストール方法

SongLoaderPluginのアンインストール

IPAをアンインストールするには、「Alt」キーを押しながら「Beat Saber.exe」を「IPA.exe」にドラッグ&ドロップします。

(このときコマンドプロンプトが起動するまで「Altキー」を離さず、押した状態をキープしてください)

 

コマンドプロンプトが起動したら適当なキーを入力

コマンドプロンプトが起動したら、適当なキー(Enterキーなど)を押してください。
IPA導入時に\Beat Saber_Data\Managed\へコピーされたファイルや「Beat Saber (Patch & Launch)」ショートカットが削除されます。

 

上手くアンインストールできていれば、この時点で(残りのファイルは消さずに)新しいバージョンで上書き更新して大丈夫です。

 


上記の手順を踏んでも更新が上手くいかない場合は、以下のフォルダとファイルを手動で削除してから新しいバージョンを導入します。

 

\Beat Saber\Beat Saber_Data\Managed\内の以下のファイル

  • IllusionInjector.dll
  • IllusionInjector.pdb
  • IllusionPlugin.dll
  • IllusionPlugin.pdb
  • IllusionPlugin.xml

 

\Beat Saber\内の以下のフォルダとファイル

  • 「IPA」フォルダ
  • IPA.exe
  • Mono.Cecil.dll

まとめ

ビートセイバーにMODを導入して、曲を追加する方法……を解説しました。

追加したカスタム曲のスコアを世界ランキングに登録するためには、「Score Saber」というプラグインが必要です。

また、ゲーム内から曲をダウンロードできる「BeatSaver Downloader」や、選曲画面の操作性を上げる「SongBrowserPlugin」を導入すれば、より快適に遊べるようになります。

これらの必須クラスのMODは、以下の記事で紹介しています。

Beat Saber MODまとめ【ツール・プラグイン】
Beat Saber(ビートセイバー)のMODまとめです。 おすすめのツールやプラグインを、用途別に分類して紹介します。 記事執筆時点(2018年10月27日)のBeat Saber Version 0.11.2で動作す...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Beat Saber MOD
のしろぐ

コメント