【SEKIRO】火牛の倒し方と攻略のコツ【隻狼】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SEKIRO(隻狼 / せきろ / せきろう)本編「大手門」に出現するボス『火牛』の攻略解説です。

簡単に倒すコツや、ボスの攻撃パターン、各攻撃の対処法などを記載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本情報

名前火牛
出現エリア大手門
忍殺マーカー1本
入手アイテム数珠玉、忍び薬識・乙

火牛は「かぎゅう」ではなく「ひうし」と読む模様。(ゲーム内セリフ参照)

スポンサーリンク

討伐動画

火牛の討伐動画です。

立ち回りや攻撃パターン、モーションの確認用にどうぞ。

スポンサーリンク

攻略のコツ、簡単な倒し方

忍具「爆竹」が有効

火牛の頭部付近で忍具「爆竹」を使うと、一時的に怯ませることができます。

一度怯ませた後は「爆竹」に対する耐性が一定時間発生し、10秒ほど経過すれば再度怯ませられるようになります。

爆竹の有無で難易度が大幅に変わるので、入手していない場合は一度「大手門の出丸」に戻り、戦場そばの供養衆から「ロバトの爆竹」を購入しましょう。

【SEKIRO】供養衆の場所と販売アイテム一覧【隻狼】
SEKIRO(隻狼 / せきろ / せきろう)の各地に登場する、商人NPC 供養衆の場所と販売アイテム一覧です。 戦場そばの供養衆 戦場そばの供養衆がいる場所 鬼仏『大手門』の反対側にある小城の階段上にいます。 戦場...

頭突きは前ステップ or 斜め前ステップで回避

「頭突き」は左右の当たり判定が意外と広く、避けたつもりでも当たってしまうことがあります。

これらの攻撃モーションを確認したら、思い切って懐に飛び込んだ方が安全です。斜め前または前方にステップして回避するといいでしょう。

後ろ足付近が安全地帯

火牛前足付近に当たり判定のある技が多く、後ろ足の近くは比較的安全な場所になっています。

怯ませたあとは、一時的にロックを解除して後ろ足付近で攻撃すると良いです。

回復のタイミングに注意

被弾後に焦って回復すると、一気に距離を詰められて追撃を食らってしまう可能性があります。

火牛から少し距離を取ると、大抵の場合突進後に「頭突き」を使います。うまく誘導してから回復アイテムを使うと安全です。

壁際に追い詰められたら焦らず離脱しよう

壁際で首振りなどの攻撃をされると回避しづらく非常に危険です。

ロックを解除して、火牛の足元をすり抜けるようにステップ+ダッシュで離脱しましょう。

防御より回避主体の立ち回りがおすすめ

ほとんどの攻撃は、ガードしても防御の上から炎ダメージによって体力を削られてしまいます。(状態異常「炎上」の蓄積もあり)

弾きに成功してもダメージを受けるので、戦闘が長引くほどジリ貧で不利になります。

なるべく攻撃はステップで回避して、避けにくい攻撃だけ防御で対処すると良いでしょう。

状態異常「炎上」に注意

炎による攻撃で、炎上効果の蓄積がMAXになると状態異常にかかります。

戦闘前に「火消し粉」をアイテムスロットに登録し、すぐに使えるようにしておきましょう。

火消し粉で「耐炎」効果を得ておく

「火消し粉」を使用すると、「耐炎」効果を一定時間得られます。

事前に使用して、状態異常「炎上」に対する耐性を高めておくのも有効です。

ただし、効果時間は短いので注意。戦闘前や頭突き回避後など、余裕のあるときに使っておきましょう。

攻撃パターン

  • 首振り
  • 首振り・大
  • 突き上げ
  • 頭突き
  • 体当たり・通常
  • 体当たり【危険攻撃:突き?】

各攻撃の詳細、対処方法

首振り

・首を左右に小さく振り回す

火牛の正面にいると、首振り(3回)後に続けて「頭突き」や「体当たり」をしてくるので注意。

首振り・大

・左右に大きく首を振り回す

接近中は後方ステップで回避しましょう。左右の攻撃範囲は広いがリーチは短く、距離を少し取っていれば当たりません。

攻撃後に隙が生まれるので、回避後は「爆竹」を撒く絶好のチャンスです。

突き上げ

・すくい上げるような動きで、頭部を突き上げる

藁束の右側(プレイヤーから見て左側)に当たり判定があります。右や斜め後方にステップするか、少し下がれば被弾しにくい。

攻撃後は溜め攻撃を1回当てられる程度の隙があります。

頭突き

・頭を低くしてから頭突きを繰り出し、そのまま通り過ぎる

離れている場合は、突進後に頭突きします。最も使用頻度の高い技で、距離を置くと高確率で使ってきます。

回避後はダッシュで追いかけて「爆竹」を撒くと安定します。

後方ステップは非推奨です。タイミングよく斜め前方(または前方)にステップすると回避しやすい。

体当たり・通常

・体の右側面で体当たりする

炎ダメージはないので、防御・弾きで対処すると良いでしょう。

体当たり【危険攻撃:?】

・突進後に、身体の側面で体当たりする

防御・見切り不可。左右どちらかに連続でステップすると避けやすい。

「危」の文字は、

  • 突進前に一回
  • 体当たり直前に一回

といった具合に、続けて画面に表示されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SEKIRO
のしろぐ

コメント