【SEKIRO】獅子猿の倒し方と攻略のコツ【隻狼】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SEKIRO(隻狼 / せきろ / せきろう)本編「菩薩谷(落ち谷 奥廊下~獅子猿の水場)」に出現するボス『獅子猿』の攻略解説です。

簡単に倒すコツや、ボスの攻撃パターン、各攻撃の対処法などを記載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本情報

名前獅子猿
出現エリア菩薩谷
忍殺マーカー(フェーズ1)1本 + とどめ忍殺
忍殺マーカー(フェーズ2)1本 + とどめ忍殺
入手アイテム戦いの記憶・獅子猿、ほそ指

スポンサーリンク

討伐動画

獅子猿のノーダメージ討伐動画です。

立ち回りや攻撃パターン、モーションの確認用にどうぞ。


動画撮影時のステータスなどは以下の通りです。

  • 身体力:13
  • 攻め力:5
  • 使用忍具:爆竹・バネ式、仕込み傘・磁鉄軸

スポンサーリンク

攻略のコツ、簡単な倒し方

フェーズ1

防御重視の立ち回りがおすすめ

獅子猿は以下の攻撃を組み合わせてくるため、パリィの難易度は高めです。

  • 出が早い技
  • 溜めがあり、タイミングをあわせづらい技

なるべく防御重視で攻撃を防ぎ、タイミングのわかりやすい攻撃のみ弾くと被弾を減らせます。

爆竹が有効

獅子猿の正面で爆竹を撒くと、一定時間ダウンさせることができます。

ダウン復帰後は一時的に耐性が付くものの、10秒ほど経過すれば再び怯ませられるようになります。

ダウン時の転倒モーションにも当たり判定があるので、正面で被弾しないよう注意。

怯ませた後はノーロックで攻撃

敵のサイズが大きいため、胴体をロックした状態では攻撃が外れやすくなります。

攻撃を当てにくいときや、怯ませた後などはロックを外して、獅子猿の足下を攻撃すると良いです。

獅子猿に鉤縄を使用可能

頭部に▼マークが表示されたら鉤縄を使用して接近し、鉤縄攻撃に繋げましょう。

その後、1~2発攻撃を当てる隙がある場合が多いです。

二種類の掴み攻撃は対処法が異なる点に注意

フェーズ1で使用する危険攻撃は以下の二種類です。

  • 掴み投げ
  • 跳躍掴み(HPがある程度減少するまでは使用しない)

「掴み投げ」は薙ぎ払うような動作で掴みかかってくるので、ジャンプ回避が有効です。

それに対して「跳躍掴み」は真上から攻撃してくるため、安全に避けるためにはステップが適しています。

発動はそれほど早くないので、落ち着いてモーションをみて判断しましょう。

フェーズ2

仕込み傘が有効

怖気が蓄積する血の咆哮は、「仕込み傘」を展開すれば完全に防御可能です。

咆哮は飛び道具扱いになっているため、うまくいけば力を溜めることもできます。(ただし、一回の咆哮でチャージ完了まで溜められるケースはほとんどありません)

その後は放ち斬りに繋げるのがおすすめです。

縦斬りは積極的に弾こう

大きく振りかぶってからの兜割り(ディレイ長めの縦斬り)を弾くと、獅子猿が一時的に怯みます。

攻撃のチャンスを増やせるので、積極的に狙っていきましょう。

仕込み傘の「露弾き」や「傘回し」を利用すれば、安全にパリィ可能です。

危険攻撃は下段に警戒を

フェーズ2で使用する危険攻撃は、以下の三種類です。

  • 血の咆哮
  • 下段薙ぎ払い
  • 跳躍薙ぎ払い

血の咆哮は仕込み傘で防げるので、注意すべきは「薙ぎ払い」の二種類。

どちらも直前でジャンプすれば回避可能なので、いつでもジャンプできるように準備しておくと良いでしょう。

攻撃パターン

獅子猿の攻撃パターンは以下の通りです。

フェーズ1

  • 素手通常攻撃
  • 雄叫び
  • すくい上げ
  • フン投げ
  • 毒屁
  • 掴み投げ【危険攻撃:掴み】
  • 跳躍掴み【危険攻撃:掴み】

フェーズ2

  • 刀の通常攻撃
  • 血の咆哮【危険攻撃:特殊】
  • 下段薙ぎ払い【危険攻撃:下段】
  • 跳躍薙ぎ払い【危険攻撃:下段】

各攻撃の詳細、対処方法

フェーズ1

素手通常攻撃

・叩きつけ、薙ぎ払いなど、素手による攻撃全般

非常に出の早い攻撃もあるので、防御重視が安定します。

タイミングのわかりやすい攻撃のみ弾くと良いです。

雄叫び

・その場で雄叫びをあげる

攻撃ではありませんが、雄叫び中に鉤縄が使用可能になります。

鉤縄攻撃でダメージを稼ぎましょう。

すくい上げ

・左腕ですくい上げるように殴り、そのまま背中から地面に倒れて暴れる

すくい上げ攻撃は、防御または弾いて対処します。

その後の地面で暴れる攻撃は、

  • そのまま弾き続ける
  • 頭部の真上に移動して攻撃する
  • 頭部付近に爆竹を撒く

などがおすすめです。

フン投げ

・高く飛び上がってから、糞を投げつける

被弾すると毒も蓄積します。

斜め前ステップによる回避が安全です。近距離の場合は、距離を詰めるだけでも回避できます。

毒屁

・しゃがんでから毒屁を放出する

毒の蓄積スピードが早いので、即座にステップやダッシュで範囲外へ離脱します。

掴み投げ【危険攻撃:掴み】

・薙ぎ払うような動作で掴んだ後、放り投げる

範囲の広い掴み技ですが、ジャンプすれば容易に回避できます。ステップだと避けきれないことが多いので注意。

跳躍掴み【危険攻撃:掴み】

・飛び上がってから、突進して掴みかかる

体力がある程度減ると(半分程度?)使用するようになります。

左右にステップすると避けやすいです。ジャンプだとほぼ避けられません。

フェーズ2

刀の通常攻撃

・突き、薙ぎ払い、縦斬りなど

基本的には防御やパリィで対処するのがおすすめです。

振りかぶってからの縦斬りは、弾くと獅子猿が怯みます。

血の咆哮【危険攻撃:特殊】

・千切れた頭部を無理やり繋げてから、咆哮によって全方位に攻撃する

攻撃時間が長く、怖気ゲージが一気に蓄積する危険攻撃ですが、仕込み傘を使えば完全に防御可能です。

仕込み傘を使わない場合はモーション確認後、即座にバックステップで回避します。

稀に、発生が早く攻撃時間が短い咆哮も使用します。

下段薙ぎ払い【危険攻撃:下段】

・その場で足下を薙ぎ払う

かなり範囲が広いので、ジャンプで回避するのが安全です。

跳躍薙ぎ払い【危険攻撃:下段】

・跳躍後に急降下して足下を薙ぎ払う

飛び上がった後に「危」の文字が表示されます。

タイミングをあわせてジャンプで回避します。その場で真上にジャンプすると反撃に繋げられます。

 

【SEKIRO】攻略メニュー【隻狼】
当サイトに掲載しているSEKIRO(隻狼 / せきろ / せきろう)の攻略記事一覧です。 本編攻略 ゲーム開始から荒れ寺まで 井戸底~荒れ寺 葦名城 城下 葦名城 城下 城下外郭 城門路 城...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SEKIRO
のしろぐ

コメント