【SEKIRO】竜咳のデメリットと治し方 放置しても大丈夫?【隻狼】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SEKIRO(隻狼 / せきろ / せきろう)で死亡を重ねると発生する竜咳について、デメリットや治し方を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

竜咳について

回生システムの解禁以降に複数回死亡すると、竜咳が発生して貴重品に咳の音・〇〇が追加されます。

咳の音は、所持している分だけ冥助確率が下がります。

竜咳の発生条件

回生システムを利用せずに死亡したとき、つまりリスポーン時のみ竜咳が発生します。

回生の力を使って復活した場合、内部カウントは増えません。

放置してNPCが死亡することはある?

竜咳が原因で死亡することはありません。放置しても大丈夫です。

ただし、竜咳に罹っている間は当該NPCのイベントを進められなくなります。それによって間接的に、イベントを進めなかったことが原因で死亡するケースはあります。

ショップに影響はある?

商人NPCに竜咳が発生しても、アイテムの購入は問題なく行えます。

スポンサーリンク

竜咳のデメリット

NPCが竜咳に罹患すると、以下のデメリットが発生します。

  • 冥助の発生確率が低下する
  • 罹患したNPCのイベントが進められなくなる

冥助確率の低下

冥助確率は、咳の音を1つ入手すると30%(初期値)→15%まで下がります。

ですが、その後の低下率は緩やかです。元々、冥助の発生はあまり期待できないので、影響は少ないでしょう。

NPCのイベントが進行不能になる

竜咳に罹ったNPCは、イベントが進められなくなります。

後述の方法で竜咳を快復すれば再び進行可能になります。イベントを進めたくなったら、その都度治してあげると良いでしょう。

竜胤の雫は一周で10個以上手に入るので、使用回数についてはそこまでシビアにならなくても大丈夫です。

スポンサーリンク

竜咳を治す方法

薬師エマのイベントを進める

竜咳を回復するためには、エマのイベントを進めて快復の御守りを貰う必要があります。

イベントの手順は以下の通りです。

  1. 複数回死亡すると咳の音・仏彫る者を入手(一人目の罹患者は仏師固定)
  2. 仏師に話しかけて、竜咳に罹ったことを確認する
  3. 鬼仏の転送などでエリア移動を挟み、仏師を診ているエマに話しかけると「仏師殿の他にも、竜咳に罹った者が吐いた血の塊が欲しい」と頼まる
  4. その後も複数回死亡し、新たな咳の音・〇〇を入手する
  5. 竜咳に罹ったNPCに話しかけて、「吐いた血をもらう」を選択すると竜咳の血塊を入手
  6. エマに話しかけて「竜咳の血塊を渡す」を選択
  7. 鬼仏の転送などでエリア移動を挟み、もう一度エマに話しかけると竜胤の雫快復の御守りを入手
血をもらう対象は、誰を選んでもその後の展開に影響はありません。

「快復の御守り」入手後、鬼仏で「竜胤の雫」を使って快復

上記のエマイベントを進めて快復の御守りを入手すると、鬼仏のメニューに「竜咳を快復させる」が追加されます。

これにより、竜胤の雫を1個消費して竜咳を治せるようになります。

※一度の使用で罹患者全員が快復します

竜咳を快復させると、所持していた咳の音・〇〇をすべて失い、ペナルティを受けていた冥助確率が30%(初期値)に戻ります。

竜咳を治したいときは、必ず鬼仏のメニューから「竜胤の雫」を消費してください。アイテムのショートカットや所持品メニューから使用すると、別の効果になります。(隻狼の回生の力が回復)
【SEKIRO】攻略メニュー【隻狼】
当サイトに掲載しているSEKIRO(隻狼 / せきろ / せきろう)の攻略記事一覧です。 本編攻略 ゲーム開始から荒れ寺まで 井戸底~荒れ寺 葦名城 城下 葦名城 城下 城下外郭 城門路 城...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SEKIRO
のしろぐ

コメント