【SEKIRO】七面武者の倒し方と攻略のコツ【隻狼】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SEKIRO(隻狼 / せきろ / せきろう)本編の「捨て牢入口」や「獅子猿のねぐら」に出現するボス『七面武者』の攻略解説です。

簡単に倒すためのコツや、ボスの攻撃パターン、各攻撃の対処法などを記載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本情報

七面武者の出現場所、忍殺ゲージ数、討伐時の報酬などは以下の通りです。

出現エリア捨て牢入口獅子猿のねぐら花見舞台(源の宮)
忍殺マーカー2本2本2本
入手アイテム形代流し×1泣き虫の指輪×1源の瑠璃×1

入手アイテムの用途

形代流し

HPを形代に変換する使用アイテムです。使用回数は3回までですが、瓢箪と同様に鬼仏で休息すれば何度でも使えます。

泣き虫の指輪

怨霊の類を怯ませることができる強化義手忍具「泣き虫」の作成素材です。

源の瑠璃

最終段階の強化義手忍具を作成するために必要となる素材です。

「獅子猿のねぐら」の七面武者の出現条件

獅子猿のねぐらの七面武者は、以下の条件を満たしている場合のみ出現します。

  • 本編を「水車小屋」まで進める
  • 「獅子猿のねぐら」にて、『首無し獅子猿』を不死斬りで介錯している

七面武者が出現すると鬼仏が一時的に切り離されるので、「葦名の底」(毒だまり)または「隠し森」から獅子猿のねぐらに向かってください。

スポンサーリンク

討伐動画

七面武者のノーダメージ討伐動画です。

立ち回りや攻撃パターン、モーションの確認用にどうぞ。

捨て牢入口の七面武者

動画撮影時のステータスなどは以下の通りです。

  • 身体力:12
  • 攻め力:3
  • 忍びの体術:対空忍殺
  • 常在効果:上り鯉、下り鯉

獅子猿のねぐらの七面武者

動画撮影時のステータスなどは以下の通りです。

  • 身体力:16
  • 攻め力:8
  • 使用忍具:鳳凰の紫紺傘
  • 使用スキル:派生攻撃・放ち斬り
  • 使用アイテム:まだら紫の曲がり瓢箪

スポンサーリンク

攻略のコツ、簡単な倒し方

「怖気消し」で怖気の蓄積回復・耐性上昇

七面武者を中心として地面から怖気のオーラが出現しているときは、接近するだけで「怖気」ゲージが蓄積していきます。

また、怖気玉や怖気の奔流に被弾した場合も「怖気」が蓄積します。

 

状態異常・怖気が発動すると即死なので、その前にアイテム「怖気消し」「まだら紫の曲がり瓢箪」で回復しておきましょう。

これらのアイテムには、怖気耐性を高める「耐怖」効果もあります。

戦闘前に使用し、その後も効果が切れたら再使用するようにして、耐性を強化した状態を維持すれば戦闘を有利に運べるでしょう。

怖気玉は壁を貫通しません。アイテムを使う際は、フィールドの柱を盾にすると安全です。追記:怖気の奔流は壁を貫通するようなので要注意です。

「神ふぶき」で与ダメUP+怖気玉を破壊可能

「神ふぶき」を使用して、怨霊払いの加護(祓い)を武器に付与すると以下の効果が得られます。

  • 七面武者に与えるダメージが上昇(刀による攻撃のみ)
  • 怖気玉を破壊可能になる(刀による攻撃のみ)
  • 七面武者に対空忍殺を発動できるようになる

接近して攻撃しながら周囲の怖気玉を破壊できるため、容易にゴリ押し可能になり、攻略の難易度が大幅に下がります。

空中に移動したら「対空忍殺」を使う

神ふぶき使用中は、空中へ飛び上がったボスにジャンプで接近して「対空忍殺」が発動できるようになります。

相手の体幹ゲージを削り切らなくても忍殺できる優秀な体術ですが、発動するためには当該スキルを習得している必要があります。

スキル書「対空忍殺の技書」は、葦名城 本城の「名残り墓」にいる黒笠のムジナから1200銭で購入可能です。

【SEKIRO】黒笠のムジナ イベントの進め方と商品一覧【隻狼】
SEKIRO(隻狼 / せきろ / せきろう)の「名残り墓」と「金剛山 仙峯寺(せんぽうじ)」に登場するNPC『黒笠のムジナ』について、イベントの進め方を解説します。 黒笠のムジナイベントの進め方 名残り墓でイベントを進める...

「鳳凰の紫紺傘」があれば、怖気攻撃を完全に防御可能

強化義手忍具『鳳凰の紫紺傘』があれば、ほとんどの怖気属性の攻撃を防ぐことができます。

すべての攻撃を防げるわけではありません。七面武者の足下に発生する怖気オーラは、鳳凰の紫紺傘を展開していても怖気が蓄積します。

更に、怖気玉や怖気の奔流は飛び道具扱いなので、仕込み傘によるチャージが有効です。

以下の手順を繰り返すだけで、「神ふぶき」や「対空忍殺」がなくても簡単に攻略できます。

  1. 『鳳凰の紫紺傘』を展開
  2. 飛び道具を受け止めて、力を溜める
  3. 『派生攻撃・放ち斬り』を七面武者に直撃させる

力を溜めた放ち斬りは非常に強力なので、積極的に狙っていきたいところです。防御されないタイミングで放てば、一気に体力と体幹を削ることができます。

泣き虫で怯ませられる

七面武者の近くで忍具「泣き虫」を使用すると、一時的に怯ませることができます。神ふぶきエンチャ後に怯ませると効果的です。

攻撃パターン

七面武者の攻撃パターンは以下の通りです。

攻撃方法詳細
薙ぎ払い・二連片手で左右に槍を薙ぎ払う
叩き付け両手で槍を振り上げてから袈裟斬り
瞬間移動離れた位置に瞬間移動する
漂う怖気玉周辺に漂う怖気玉
追尾する怖気玉・小槍の穂先から極小サイズの怖気玉×5を放つ
追尾する怖気玉・中小さめの怖気玉を大量に飛ばす
追尾する怖気玉・特大巨大な怖気玉を三個出現させる
怖気の奔流怖気の奔流をビーム状に放つ

各攻撃の詳細、対処方法

薙ぎ払い・二連

・右から左 → 左から右の順で槍を薙ぎ払う

距離を取ると一撃だけで攻撃を止めます。

弾いて対処しましょう。

袈裟斬り

・槍を振り上げて袈裟斬り

薙ぎ払いと比べて使用頻度は低め。

弾いて対処しましょう。

袈裟斬りは槍を両手に構えて攻撃しますが、薙ぎ払いは片手で振り回します。モーションの見分け方としてはこれが一番わかりやすいと思います。

瞬間移動

徐々に透明になり消えます。その後3秒ほどで離れた位置に出現

・離れた位置に瞬間移動する

接近して攻撃していると、仕切りなおすために瞬間移動で離れた位置に移動します。

防御後は必ず使用するので、(相手の動作中に攻撃して)ガードさせないようにすれば、使用頻度を大幅に下げることができます。

漂う怖気玉

・周辺に漂う怖気玉

かなりゆっくりですが、常にプレイヤーを追いかけてきます。

追尾する怖気玉・小

・槍の穂先から極小サイズの怖気玉×5を放つ

2回続けて使用することも。ジャンプして空中から撃ってくることが多い。

斜め前にダッシュして回避すると良いです。

追尾する怖気玉・中

・小さめの怖気玉を大量に飛ばす

槍を地面に立てて怖気玉を召喚し、こちらに飛ばしてきます。

数は15~20個程度?

近距離にいれば当たりませんが、続けて「追尾する怖気玉・特大」を使用してくるので注意。

追尾する怖気玉・特大

・巨大な怖気玉を三個出現させる

ゆっくりと追尾してくるので、うまく誘導して斜め前方にダッシュ or ステップで回避すると良いです。

接近時は上空から降ってくるような挙動になります。

怖気の奔流

・怖気の奔流をビーム状に放つ

防御、弾き可能です。(弾けばノーダメージ)

ワープ後に必ず使用します。発動前に一気に接近してボスの側面を取るか、左右にダッシュし続ければ容易に回避可能です。

ダークソウルシリーズの「ソウルの奔流」を彷彿とさせる攻撃です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SEKIRO
のしろぐ

コメント