【SEKIRO】侍大将 山内典膳の倒し方と攻略のコツ【隻狼】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SEKIRO(隻狼 / せきろ / せきろう)本編「城下外郭 虎口階段」に出現するボス『侍大将 山内典膳』の攻略です。

簡単に倒すためのコツや、ボスの攻撃パターン、各攻撃の対処法などを記載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本情報

名前侍大将 山内典膳
出現エリア城下外郭 虎口階段
忍殺マーカー2本
入手アイテム数珠玉

スポンサーリンク

討伐動画

侍大将 山内典膳の討伐動画です。

立ち回りや攻撃パターン、モーションなどの確認用にどうぞ。

スポンサーリンク

攻略のコツ、倒し方

周辺の雑魚を片付けてから挑む

広場には多数の雑魚敵が徘徊しています。

先に鐘を鳴らす敵を倒せば、残りは隠れながら殲滅可能です。周辺の雑魚をすべて撃破してからボスに挑みましょう。

攻撃のバリエーションが増えている

基本のモーションは前回「城門路」で戦った『侍大将 河原田直盛』と変わりませんが、攻撃パターンのバリエーションが豊富になっています。

見覚えのない構えや予備動作が見えたら要注意です。

追加された攻撃は三種類

追加された攻撃パターンは、以下の三種類です。

  • 三連撃
  • 突進斬り上げ
  • 正面突き【危険攻撃:突き】

「三連撃」は、他の攻撃からの派生技として使います。ディレイはないので弾きやすく、脅威度は低めです。

「突進斬り上げ」は、出が早い上にリーチが長く、更にダメージも大きいです。慣れるまではガードで対処すると良いでしょう。

「正面突き【危険攻撃:突き】」は、シンプルなモーションで見切りやすいものの、被弾すると大ダメージを受けます。見切りを習得しておらず弾く自信がなければ、左右にステップで回避しましょう。

スキル「見切り」が有効

忍び技の伝書で会得可能なスキル「見切り」があれば、正面突き【危険攻撃:突き】に対処しやすくなります。

「見切り」は「弾き」よりも受け付け時間が長いだけでなく、成功すれば相手の体幹ゲージを大きく削ることが可能です。

今後も役に立つので、スキルポイントを貯めて早めに習得しておきましょう。

攻撃パターン

  • 体当たり
  • 蹴り
  • 袈裟斬り
  • 薙ぎ払い
  • ジャンプ斬り
  • 三連撃
  • 突進斬り上げ
  • 体幹回復
  • 下段薙ぎ払い【危険攻撃:下段】
  • 掴み【危険攻撃:掴み】
  • 正面突き【危険攻撃:突き】

赤字で記載した技以外は、侍大将 河原田直盛の攻撃パターンと同じです。

相変わらず掴み攻撃はこちらが体勢を崩した時しか使ってこないので、怯んだ後は落ち着いて対処しましょう。

各攻撃の詳細、対処方法

体当たり

・構えを崩さず体当たりする

様々な攻撃に派生します。

蹴り

・右足で正面を蹴りつける

体当たりの後で使用することが多い。

被弾してもダメージは受けず、体幹ダメージのみ。

袈裟斬り

・上段構えからの袈裟斬り

薙ぎ払い

・刀を左右に薙ぎ払う

ジャンプ斬り

・大きく飛び上がり、頭上に振り上げた刀を叩き付ける

左右にステップすれば容易に回避可能です。

三連撃

・三回連続で刀を振り下ろす

薙ぎ払いなどの直後に使ってくることが多い。

それぞれの攻撃モーションは以下の通り

  1. 左上から袈裟斬り
  2. 右上から垂直気味の袈裟斬り
  3. 垂直斬り

突進斬り上げ

・逆脇構えのような姿勢を取ってから、大きく踏み込んで斬り上げる

出が早くダメージも大きいので、上段構えから逆脇構えに移行したら要注意。

体幹回復

・白煙のようなオーラをまとって力を溜めるような動作をする

動作完了時に体幹ゲージが3割ほど回復します。

モーションを確認したら、素早く攻撃して回復を阻止しましょう。溜め攻撃なら一撃で中断させられます。

下段薙ぎ払い【危険攻撃:下段】

・姿勢を低くしてから、左右どちらかに刀を薙ぎ払う

防御・弾き不可。

確認したらジャンプで回避しましょう。ジャンプ後にもう一度×ボタンを押して、空中蹴りを入れれば相手の体幹を大きく削れます。

範囲とリーチは短めなので、ジャンプせず後ろにステップ or 少し後退するだけでも回避可能です。

空中蹴りを当てるためには、真上にジャンプするのがコツです。

掴み【危険攻撃:掴み】

・左手を大きく前に突き出して、掴みかかる

防御・弾き不可。

※こちらが怯んだ時のみ使用します。

体勢を崩した直後に転がり回避を行うと、起き上がりに攻撃が重なって掴まれてしまうことがあるので注意。タイミングをみて後方か左右にステップしましょう。

正面突き【危険攻撃:突き】

・反対側に刀を構えてから正面を突く

防御不可、弾き・見切り可能。

他の危険攻撃同様、構えた時に刀の切っ先が光りますが、出が早く気付きにくいです。

弾きや見切り、または左右ステップで対処しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SEKIRO
のしろぐ

コメント