【SEKIRO】金剛山 仙峯寺(せんぽうじ)の進め方 攻略【隻狼】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SEKIRO(隻狼 / せきろ / せきろう)本編「金剛山 仙峯寺(せんぽうじ)」の攻略です。

進行ルートや入手アイテムなどの情報を記載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

金剛山 仙峯寺

鬼仏『金剛山 仙峯寺』の隣の扉(掛軸の菩薩さま)を調べる

・外に出たらすぐ左へ

・建物の横に「月隠の飴×1」

・右側から飛び降りて、膝を抱えている男(小太郎)に話しかける

選択肢は上を選ぶまで無限ループです。

小太郎が探している「真白いお花」は、この先の修験道で手に入ります。

【SEKIRO】小太郎 イベントの進め方と分岐ルートまとめ【隻狼】
SEKIRO(隻狼 / せきろ / せきろう)の「金剛山 仙峯寺(せんぽうじ)」に登場するNPC『小太郎』について、イベントの分岐や進め方を解説します。 イベントの分岐ルートと入手アイテム 小太郎のイベントは、選んだ選択肢によっ...

・小太郎の位置から建物に戻ると、扉付近に「鉄屑×2」

・小太郎の後ろの崖下、崩れた橋の下に「形代寄せのミブ風船×1」「月隠の飴×1」

・崖先の凧の近くに「形代×3」

・僧兵を倒しながら道なりに進む

・途中の建物の屋根上に「軽い銭袋×1」

画像の位置からジャンプで飛び乗れます。

・↑の画像の左側、拘束された死体のそばに「品寄せのミブ風船×2」

・画像の右上、階段横に「阿攻の飴×1」

・画像の左上に「丸薬×1」

・徘徊する僧兵を倒しながら階段を上っていく

・大きい建物の手前で左へ進むと「怖気消し×1」

・大きい建物の右側、松の木の根元に「形代×3」

・松の木を登った先、小さめの建物の裏に「重たい銭袋×1」

・崖際の木の根元付近に「毒消し粉×1」「軽い銭袋×1」「毒消し粉×2」

・建物の柱付近に「にぎり灰×1」

・鉤縄で柱に飛び乗り、開いている床から建物内に入る

・入ってすぐ目の前に「阿攻の飴×1」

巨大コオロギが大量にいるので注意。

・階段を下りると、広めのフロアに出る

・左壁沿いに進むと、部屋の隅に「剛幹の飴×1」「陶片×4」

・正座して拝んでいる僧兵×3を倒す

攻撃すると、奥にいるふんどし巨漢も反応します。気付かずに不意打ちを食らわないよう注意。

しゃがみながら右壁沿いに移動して厨子の裏にまわり、隠れているふんどし巨漢を先に倒すと安全です。

 

・厨子の前にあぐらをかいて座っている、死なずの求道者の前に「瓢箪の種」

死なずの求道者(蟲憑き)はターゲットロックできませんが、目の前に近づくと襲ってきます。(戦闘開始後はロック可能になります)

不死斬りを入手するまでは、倒しても何度でも復活するのでスルーしましょう。

 

・厨子(須弥壇)の裏に「油蝋の瘤×1」

・部屋の左側の窓から外に出る

・崖際の老婆のNPCに話しかける

「お米」を要求されますが、この時点ではまだ手に入りません。奥の院まで進めて、変若の御子にお米をもらってから再度訪れましょう。

ちなみに老婆にお米を渡すと、凧を上げる方法を教えてもらえます。

 

・建物の壁沿いに「形代寄せのミブ風船×1」

・道なりに進むと、橋の前の階段付近で両刃の薙刀を装備した忍び(雑魚敵)+その他の雑魚複数と戦闘

・階段前の薙刀忍者を倒すと、「重たい銭袋×1」を入手(初回のみ確定ドロップ)

薙刀忍者は雑魚の割に手ごわいですが、危険攻撃は下段しか使用しません。

突進距離の長い下段攻撃なので、若干後方にジャンプすると空中蹴りに繋げやすいです。飛び上がったタイミングで攻撃を当てて叩き落とすのもオススメ。

手裏剣を投げてくるので、仕込み傘による派生攻撃・放ち斬りも有効です。

 

・階段の右側の建物の縁側に「吽護の飴×1」

・↑の建物の屋根上から鉤縄で大樹の上に飛び移る

・大樹の上に「形代×6」

・大樹の先端付近、鳥の巣に「軽い銭袋×1」

 

・階段の左側の建物付近に「毒消し粉×1」「形代×1」

 

・階段の左脇を通った先、崖際に「丸薬×1」

・階段を上り、壊れた橋の手前でもう一体の薙刀忍者を倒す

・壊れた橋の先端付近に「月隠の飴×1」

・橋の左の洞穴前へ、ジャンプ→鉤縄で飛び移る

・洞穴前に「形代×2」

・洞穴を抜けて鬼仏『修験道』解放

 

『修験道』の攻略記事へ

【SEKIRO】攻略メニュー【隻狼】
当サイトに掲載しているSEKIRO(隻狼 / せきろ / せきろう)の攻略記事一覧です。 本編攻略 ゲーム開始から荒れ寺まで 井戸底~荒れ寺 葦名城 城下 葦名城 城下 城下外郭 城門路 城...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SEKIRO
のしろぐ

コメント